姉はヤンママ授乳中in実家 6話 ネタバレ

「姉はヤンママ授乳中in実家」は姉貴の無防備なエロエロなボディが弟の欲望を爆発させ理性をぶっ壊す近親相姦もの!

それが・・・

「姉はヤンママ授乳中in実家」

抜けるエロ同人漫画作家チンジャオ娘。&エンガワ卓による。

超抜ける伝説的なエロ漫画作品です♪

ちょっと童顔の元ヤンキーのヤンママで人妻のアイカ!

タイトルにある通り授乳も出来ちゃう人妻?

もちろんおっぱいも大きくて形もプルンプルンでエロエロです♪

そんな、激アツでエロすぎる「姉はヤンママ授乳中in実家」の、

無料で読めるネタバレと感想をどんどんごしょうかいしていこうと思います!!!

まずは「姉はヤンママ授乳中in実家」の6話のご紹介です。

▼▽無料で試し読みはコチラ▽▼
画像をクリック?
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

「姉はヤンママ授乳中in実家」6話 ネタバレ

拓也はアイカの寝室に忍び込んでいた。

そろりそろりと部屋に入り何をしようかというと・・・

そう夜這いである!

「姉貴!」

ぐっすりと眠るアイカにゆっくりと近づいていき。

服を脱がせようとする。

「眠れないのダイキ?」

アイカが寝ぼけて振り返るとそこにいたのは長男のダイキではなく、拓也がいた!

「ちょっと・・・あんたまさか」

「姉貴、俺はもうがまんできないんだよ・・・わかるだろ!!」

「あんた・・・何やってるかわかってんの!!?」

「騒ぐなよ、子供たちが目を覚ましちゃうよ・・・・。」

流石に、子供が寝ている側ではまずい・・・

拓也はアイカを落ち着かせようとするが。

「姉貴の身体の気持ちよさをしったら・・・」

「もう我慢できない!!」

すっかりやる気マンマン性欲爆発の拓也。

アイカは、そんな拓也に呆れつつも、

「・・・子供たち起きないように、声はだ那歳でよ!」

静かな声でアイカが拓也にお願いし、

アイカは渋々身体を拓也に課すことにした。

「・・・姉貴のおマンコ!!」

すでにお猿さんのように大興奮の拓也。

そのまま腰を落としてアイカのぐっちょりとぬれたおマンコにナマのでっかいチンポを挿入する拓也。

ずっぷぷぅぅぅぅーーー・・・

ゆっくりとそして深く、デカくて長くそしてぶっとい拓也の大きい大きいおチンポがアイカのおマンコに入った。

嫌がりつつもアイカのおマンコは準備万端緒状況で濡れ濡れびちょびちょの状態。

まるで拓也とのセックスを待ち望んでたかのような状況であった。

そそり立ちったでっかりチンポをアイカのマンコにゆっくりと突き刺す拓也。

そして、たまりにたまった西洋苦をぶちまけるように。

強く、激しく腰を振ってアイカの尻に腰を激しく強く突いた!

パンパンパン!!!

「んんっ・・・おい強く突くな」

「子供たちが、起きちゃうでしょうが!!」

万が一にも、セックスをしているところを子供に見られるわけにはいかない。

興奮しすぎの拓也を何とか落ち着かせようとしますが、

アイカは拓也のデカくて長くそしてぶっとい拓也のチンポに勝てなかった。

まどろむ表情のアイカ・・・

そのとき、アイカはあることに気が付いた。

「ゴムつけてる?」

「!?」

もちろんゴムなんかつけていたい拓也は。

アイカの言葉を無視し、更に腰を振り続けアイカに快感と快楽を与えた。

姉弟の為か相性が抜群のふたり、

がむしゃらに腰をふる拓也にアイカは感じることしかできなくなっていた。

パンパン、ぐちょぐちょと肉と肉がぶつかる音がむなしく部屋を支配する。

「姉貴、もう。。。」

そして、拓也は盛大にそして大量に精子をアイカのおマンコの中に大放出するのでした。

「姉はヤンママ授乳中in実家」
▼▽無料試し読みはコチラ▽▼
画像をクリック!
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

「姉はヤンママ授乳中in実家」は姉貴の無防備なエロエロなボディが弟の欲望を爆発させ理性をぶっ壊す近親相姦もの!

それが・・・

「姉はヤンママ授乳中in実家」

抜けるエロ同人漫画作家チンジャオ娘。&エンガワ卓による。

超抜ける伝説的なエロ漫画作品です♪

ちょっと童顔の元ヤンキーのヤンママで人妻のアイカ!

タイトルにある通り授乳も出来ちゃう人妻?

もちろんおっぱいも大きくて形もプルンプルンでエロエロです♪

そんな、激アツでエロすぎる「姉はヤンママ授乳中in実家」の、

無料で読めるネタバレと感想をどんどんごしょうかいしていこうと思います!!!

まずは「姉はヤンママ授乳中in実家」の6話のご紹介です。

▼▽無料で試し読みはコチラ▽▼
画像をクリック?
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

「姉はヤンママ授乳中in実家」6話 ネタバレ

拓也はアイカの寝室に忍び込んでいた。

そろりそろりと部屋に入り何をしようかというと・・・

そう夜這いである!

「姉貴!」

ぐっすりと眠るアイカにゆっくりと近づいていき。

服を脱がせようとする。

「眠れないのダイキ?」

アイカが寝ぼけて振り返るとそこにいたのは長男のダイキではなく、拓也がいた!

「ちょっと・・・あんたまさか」

「姉貴、俺はもうがまんできないんだよ・・・わかるだろ!!」

「あんた・・・何やってるかわかってんの!!?」

「騒ぐなよ、子供たちが目を覚ましちゃうよ・・・・。」

流石に、子供が寝ている側ではまずい・・・

拓也はアイカを落ち着かせようとするが。

「姉貴の身体の気持ちよさをしったら・・・」

「もう我慢できない!!」

すっかりやる気マンマン性欲爆発の拓也。

アイカは、そんな拓也に呆れつつも、

「・・・子供たち起きないように、声はだ那歳でよ!」

静かな声でアイカが拓也にお願いし、

アイカは渋々身体を拓也に課すことにした。

「・・・姉貴のおマンコ!!」

すでにお猿さんのように大興奮の拓也。

そのまま腰を落としてアイカのぐっちょりとぬれたおマンコにナマのでっかいチンポを挿入する拓也。

ずっぷぷぅぅぅぅーーー・・・

ゆっくりとそして深く、デカくて長くそしてぶっとい拓也の大きい大きいおチンポがアイカのおマンコに入った。

嫌がりつつもアイカのおマンコは準備万端緒状況で濡れ濡れびちょびちょの状態。

まるで拓也とのセックスを待ち望んでたかのような状況であった。

そそり立ちったでっかりチンポをアイカのマンコにゆっくりと突き刺す拓也。

そして、たまりにたまった西洋苦をぶちまけるように。

強く、激しく腰を振ってアイカの尻に腰を激しく強く突いた!

パンパンパン!!!

「んんっ・・・おい強く突くな」

「子供たちが、起きちゃうでしょうが!!」

万が一にも、セックスをしているところを子供に見られるわけにはいかない。

興奮しすぎの拓也を何とか落ち着かせようとしますが、

アイカは拓也のデカくて長くそしてぶっとい拓也のチンポに勝てなかった。

まどろむ表情のアイカ・・・

そのとき、アイカはあることに気が付いた。

「ゴムつけてる?」

「!?」

もちろんゴムなんかつけていたい拓也は。

アイカの言葉を無視し、更に腰を振り続けアイカに快感と快楽を与えた。

姉弟の為か相性が抜群のふたり、

がむしゃらに腰をふる拓也にアイカは感じることしかできなくなっていた。

パンパン、ぐちょぐちょと肉と肉がぶつかる音がむなしく部屋を支配する。

「姉貴、もう。。。」

そして、拓也は盛大にそして大量に精子をアイカのおマンコの中に大放出するのでした。

「姉はヤンママ授乳中in実家」
▼▽無料試し読みはコチラ▽▼
画像をクリック!
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用