姉はヤンママ授乳中【熱海編】2話 ネタバレ&感想

チンジャオ娘。とエンガワ卓先生とのビックコラボ作品

『姉はヤンママ授乳中in実家』

が大人気過ぎてついに続編がリリースされました♪

前作を超えるドエロのシチュエーションを引っ提げて

より過激に!

よりエロく!

そして、よりヌキやすく!

さぁ2話目はとうとう拓也とアイカのセックスが解禁!

▼下記画像より無料立ち読みができます▼
100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

第2話 岩場に隠れてさぁセックス♡

ナンパ男たちを自分で追い返せず、

アイカの旦那に助けてもらった形になった拓也は落ち込んでいた。

それをみたアイカは、拓也が可哀そうになり

岩陰まで泳ごうと拓也を誘った。

 

岩陰のあたりまで来るとアイカが・・・

 

極小の面積のビキニをずらし、おマンコをご開帳♡

100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

青い海での海中セックス♡

岩陰と言っても周りをよく見ると人影が・・・

もろに人がいるじゃねーかー・・・

姉貴の水着と一緒でこっちの存在を周囲から隠し切れねぇーと拓也は思うが・・・

それでも、アイカはバッチコーイ!の体制でまっている。

ビキニ姿が露出狂なら、この体制はただの変態である。

アイカは『絶対にきもちーよ』とお尻を振りながら拓也を誘う。

先ほど、サンオイルを塗っていた際に生殺しにされたので、

ムラムラしてきた拓也。

アイカの誘いを断る理由はなくレッツ挿入♡

海水とマンコの温度差が心地よく、

アイカはアヘアへの顔になり感じまくっている。

浮き輪で水中で漂う彼らはお互いのチンコとマンコで支えあうという状況に快感を覚えていた。

海面が揺れるたびにチンコを刺激する感覚はまるでオナホールのようであった。

初めての感覚に拓也は一発目を発射してしまった!

水中の駅弁スタイル!

そして、拓也は抜かずに2回戦目に突入した。

今度はアイカと向かい合わせになり駅弁スタイルで合体♡

水中を漂っているので非力な拓也でも姉を支えることが出来超余裕で体位を楽しむことが出来たが・・・

拓也に、先ほどの出来事が脳裏をかすめた・・・

『こんな体位ダイスケさんなら海の中じゃなくも・・・』

と考え、暗い表情になる。

その表情を察したのかアイカは、

『タク・・・さっきは・・・ナンパから守ってくれてありがとうね・・・』

そう、アイカはしょげている拓也を元気づけるためにセックスに誘ったのだ。

お前もたくましい男だぞということ込めて!

100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

第2話 感想

水中でのセックス・・・してみたいですねぇー

どんなに気持ちいいのか想像もつきません。

しかし、この兄弟は毎回毎回トンでもない状況でセックスをしてますね♪

これもセックスする程、仲が良いってことなんでしょうね!

▼無料試し読みはコチラ▼
100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用